COPYRIGHT© SPORTS FRAME ALL RIGHTS RESERVED.

作品紹介④

ご依頼内容

 

【ご依頼主】N様

【依頼品】ヤンキースユニフォームx1

【デザイン/サイズ】コンパクト

【フレーム】メタルシルバー

【マット(台紙)】黒スエード

今回の依頼品はMLBヤンキースで活躍する黒田博樹投手のサイン入りユニフォーム。背番号18の上に黒田投手の直筆サインが銀色のペンで執筆されています。黒田投手は2013年にシアトル・マリナーズ戦で日米通算2000奪三振を達成され、日本人選手最多記録となる4年連続二桁勝利を記録するなど目覚ましい活躍を披露。日本を代表する球界エースの貴重なユニフォームの額装をご依頼いただきました。

 

【額:メタルシルバー】

ヤンキースのトレードマークといえる瀟洒な細いラインの縦縞は、モダンな雰囲気のあるメタルシルバーの額と相性抜群です。光のあたる角度で表情を変えるメタリックなシルバーは高級感もあります。

 

【マット(台紙):黒スエード】

100年以上の歴史を誇る名門に相応しい高級感を追求するため、マットにはスエードの生地を採用。起毛素材が鮮やかな濃淡を表し、奥行感があるため荘厳な印象を与えます。スエード生地は色が限られているため(黒、赤、紺、青、緑、白、ベージュ)、色を優先したい場合は豊富な選択肢のある通常の紙素材のマットがおすすめです。用途に応じてご提案しております。

 

【専用のパネル】

依頼品の寸法を細かく測定し、一点一点に合った専用のパネルを職人が制作します。シワをきれいに伸ばすため、サインの鑑賞を妨げることはありません。またこだわりの厚さ10ミリの肉厚パネルは、ユニフォームにボリューム感を生み立体感を演出。一般的に使用されている厚紙と比べると仕上がりは格段に異なります。

【プレート】

プレートは道路標識などを制作する鉄板加工会社に別注しています。本格的な肉厚で凹凸のある刻印はオーダーメイドの額には必須。ここで品質を落としてしまうと画竜点睛を欠いてしまいます。文字を印刷(プリント)するプレートと比べて納期は掛りますが、それだけ最終的な仕上がりに決定的な違いを生みます。

logo-head3.jpg