COPYRIGHT© SPORTS FRAME ALL RIGHTS RESERVED.

​作業工程の紹介

①額縁の裁断

 

部材メーカーからの納入時には全長3メートルあるフレーム・額縁。専用の裁断機で指定された長さにカットしていきます。この時、裁断面に一切のほころびがないよう慎重に作業を行います。

②額縁の接合

 

裁断したフレームを組み合わせていきます。まず断面に糊を塗布し、簡易的につなぎ合わせます。そのあと、専用のタッカーを使用してしっかりと接合します。

③和紙テープの貼付

 

組み上がった額縁の裏面に和紙テープを貼っていきます。背面は木目のまま放置するのではなく、見えづらいところも丁寧に仕上げていきます。

④アクリルの裁断

 

​大型の断裁機でアクリル板(98%UVカット加工済)を指定のサイズに裁断します。

⑤マット(台紙)の作成

 

​コンピューターのマットカッターを使用し、切り抜きたい形状をデータ化し、短時間で正確にカットしています。

⑥ウレタンパネルの作成

 

​ユニフォームの中に挿入するパネルを作成します。シワがきれいに伸びるように微調整を行いながら、一点一点に適した形状に仕上げていきます。こちらは長年の経験と勘がものをいう正に職人技です。

⑦ユニフォームにパネルを挿入

 

​パネルをユニフォームに挿入することで立体感が生まれ、10ミリの厚さが力強さを表してくれます。

⑧ユニフォームにマットをセット

 

​先に作成したマット(台紙)をユニフォームの上に配置します。

⑨プレートの取付け

 

​歪みがないよう位置を確認し、慎重に取り付けます。

⑩フレームをセット

 

​最後にフレームをセットし、裏面にボードを取り付けて完成です。

logo-head3.jpg