COPYRIGHT© SPORTS FRAME ALL RIGHTS RESERVED.

作品紹介③

ご依頼内容

 

【ご依頼主】S様

【依頼品】ネイマールユニフォームx1、A4写真x1

【デザイン/サイズ】ハーフオープン

【フレーム】ゴールド

【マット(台紙)】黒スエード

​【オプション】立体文字

今回ご紹介する作品はバルセロナで活躍するネイマール選手のサインが書かれたユニフォームの額。ユニフォーム中央に大きなメッセージ入りのサインが執筆されています。メッセージはポルトガル語で「幸運を祈る」というニュアンスの言葉が書かれているそうです。ユニフォームに書かれたサインがシワで隠れることなく、きれいに表示させることができるため、当社にご依頼頂きました。

【額:ゴールド】

ゴージャスな仕上がりを希望されていたため、人気の高いゴールドの額をご提案。荘厳という言葉が似合う鮮やかな金色の塗装が手作業で施されています。一言で「金色」といっても様々ですが、瀟洒で上品さを感じられる色味となっています。

【立体文字:ゴールド】

ユニフォームの上部にはネイマール選手の名前を立体文字で表示。 職人の手作業で一文字ずつ制作される贅沢な加工となります。 今回のユニフォームのように背番号が見えない場合、 立体文字の設置があれば離れた位置からでも選手名を認識できます。 ピッチ上で燦然と煌めくネイマール選手に相応しい装飾です。

【マット(台紙):ブラック】

一般的な紙マット(台紙)の上に、黒のスエード生地を貼付。単調な黒ではなく、素材感が色に濃淡を生み高級感を演出しています。ゴールドの額と相性抜群の組み合わせです。

【無傷で額装】

ユニフォームの額装時、背面のボードに糸で縫い付けて固定させる手法が一般的です。しかし、それでは大切なユニフォームに小さいながらも無数の穴が開いてしまいます。また、経年劣化で糸が緩み、シワの発生を招いてしまいます。当社では独自のアクリルパートを使用するなど、無傷の額装を実現しております。

【専用ウレタンパネル】

額の中でユニフォームのシワをきれいに伸ばすためには、専用のパネルが欠かせません。 ユニフォームを細かく採寸し、一点一点に合ったパネルを挿入します。 一般的には厚紙が多く採用されていますが、スポーツフレームでは 厚さ10ミリのウレタンパネルにこだわっています。 これはユニフォームを肉厚に見せることでさらなる迫力が生まれます。

【プレート】

額の全体の完成度を左右するといっても過言ではないプレート(刻印)。 スポーツフレームではその品質に徹底的にこだわった結果、 道路標識などを製作される専門の加工業者様に外注しています。 時間や手間は要しますが、肉厚で凹凸のある本格的なプレートの有無は決定的な違いを生みます。 一般的には印刷や紙プレート(短納期)などで代替されるケースも多い中、 高級感を損なわないためには必要不可欠な要素となります。

logo-head3.jpg