COPYRIGHT© SPORTS FRAME ALL RIGHTS RESERVED.

作品紹介⑩

ご依頼内容

 

【ご依頼主】K様
【依頼品】スパイク1足

【デザイン/サイズ】アクリルエンボス (突出し)
【フレーム】メタルシルバー
【マット】紺

今回の額縁はサッカー日本代表の司令塔として活躍し、ガンバ大阪に所属する遠藤保仁選手が着用していた貴重なスパイクです。全体が真っ白なスパイクには土や芝生が付着しており、使い込まれた印象。熱戦を繰り広げてきた遠藤選手のエネルギーが伝わってくるような1足です。

【額縁とマット】

額縁は金属のように反射する塗装を施したメタルシルバーを選択。洋室やモダンな建物と相性抜群ではずれがありません。表面にはヘアライン加工や等間隔でアクセントがデザインされており、見る角度や光の加減によって表情を変えます。人気の高い定番のフレームです。マットはお客様のご希望で遠藤選手が所属するガンバ大阪のチームカラーに近い青を採用。ガンバ大阪をイメージした青いマットに囲まれ、真っ白なスパイクが映えます。

【アクリルエンボス】

スパイクのサイズを測定して専用のアクリルボックスを作成し、前面に突き出す形で設置しています。上下、左右の両方からスパイクを見ることができ、照明もしっかりと取り込むことによって鑑賞を妨げません。

【立体文字】

職人が手作業で一文字ずつアクリル板を切り取って制作する豪華な装飾。遠藤選手の愛称「YATTO」と背番号の「7」が設置されています。立体文字を設置することで、より一層迫力が増します。金色と銀色が制作可能で、額縁に色を合わせるのが王道です。

【プレート】
額装には欠かせないプレート。その仕上がりによって完成度は大きく左右されます。当社では道路標識なども制作する鉄板加工会社に外注し凹凸のある立体的で肉厚なプレートにこだわっています。短時間で制作される薄い印刷プレートは安価ではありますが、オーダーメイドの額縁に対してどうしても見劣りしてしまいます。時間と費用は掛かりますが、感動して頂ける額縁を生み出すためには一切の妥協は致しません。

logo-head3.jpg